気象予報士の通信講座(通信教育)

■サイトタイトル■
HOME > メニュー84

■気象予報士■



気象予報士の仕事とは様々な観測データから総合的に判断して独自の天気予報を行うのが仕事です。
近年では気象情報は、農漁業をはじめ、交通、流通産業、観光・レジャー産業など変化が起きています。
気象予報士試験には、大気力学・熱力学・数値予報といった内容(大学一般教養レベルの数学・物理学)が含まれています。学科試験では7割程度の得点が必要といわれ、応用力を問う実技試験もあります。
試験はとても難しいですが、やりがいのある仕事ですし、興味がある人はぜひチャレンジしてください。

資料請求はすべて無料!!

気象予報士になりたいっ!★ヒューマンアカデミー★ 
ヒューマンアカデミー ヒューマンアカデミーの情報はこちらから 
資格への近道はVeeから! 
VeeSCHOOLの情報はこちらから 


その他の教育会社はこちらから




法律表記-相互リンクリンク集プロフィール