公認会計士の通信講座(通信教育)

■サイトタイトル■
HOME > メニュー5

■公認会計士■


公認会計士の業務は監査、財務、経理、税務など仕事内容はいろいろあります。今では会計に関する助言や経営戦略のコンサルティング業務があり一番重要になってきています。企業の財務諸表に関する適正性を証明し監査業務は公認会計士しかできない独占的業務であります。

公認会計士資格をとれば、登録によって税理士と同じ税務業務を行うことができます。税務業務には、中小企業や個人の税務申告を代行する「税務の代行」と、税務に関する相談に応じる「税務相談」があります。つまり、会計・税務のプロフェッショナルとして適切なサービスを提供するのです。監査業務と異なり、税務業務は個人で開業して行うことが可能ですので、独立して思う存分活躍したい人にとっては、税務業務も選択肢のひとつであるといえます。

業務補助とは?
公認会計士になるためには、単に受験に合格するだけではなく、公認会計士の中核的業務である監査証明業務についての実務経験が不可欠です。このため、2年間以上、公認会計士又は監査法人を補助(業務補助)するか一定の監査類似の実務に従事することが必要です。ただし、現行制度では、公認会計士試験合格の前後を問わないこととし、既に業務補助等に従事していた者にとっては、合格後に改めて当該業務に従事する必要はありません。


資料請求はすべて無料!!

 公認会計士講座【資格の大原】
資格の大原  詳しくはこちらから
クレアール公認会計士アカデミー 
LEC 公認会計士 
   


その他の教育会社はこちらから




法律表記-相互リンクリンク集プロフィール