税理士の通信講座(通信教育)

■サイトタイトル■
HOME > メニュー4

■税理士■


税理士は、税務に関する専門家として、独立した公正な立場において、申告納税制度の理念にそって、納税義務者の信頼にこたえ、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命とするとされ(同法1条)、業務として、他人の求めに応じ、各種税金の申告・申請、税務書類の作成、税務相談、税に関する不服審査手続き等を行う。

税理士の試験概要

受験資格

1、職歴:会計に関する事務又は税務官公署における事務その他一定の事務の従事期間が3年以上の方。
2、大学3年次以上(中途退学者含む)で、法律学または経済学に関する科目を含め62単位以上を取得した方
3、大学3年次以上(中途退学者含む)で、法律学または経済学に関する科目を含め36単位(うち外国語と保健体育を除く一般教養科目24単位以上)を取得した方
4、大学または短大の法律学または経済学部卒業した方。その他の学部の場合は、法律学または経済学に関する科目を1単位以上取得した方
上記以外の方は、大栄経理学院で、まず日商簿記1級・全経簿記上級の資格取得をめざしてください。(日商簿記1級・全経簿記上級合格が受験資格)

税理士の業務

税理士になったらまずやることは地位、身分、収入などを保証するため、税理士だけが行える3つの独占業務のほか、会計・法律のプロとしての付随業務とがあります。

税理士は、税務代行などの独占業務に代表されるように、税務・会計のプロフェッショナルです。
合格者の多くがが独立開業しているため、税理士会登録=個人事務所設立というイメージがありますが、近年では、企業内、税理士法人の設立も認められ、より大きな組織で活躍する税理士も増えてきました。
また、仕事内容も税務書類業務だけでなく、税務・会計の専門家として、より高度な知識を基に、企業から経営指導や経営戦略の相談に応えうる、コンサルタントとしての業務も求められています。

 クレアール税理士アカデミー
 クレアールの情報はこちらから
 LEC 税理士  
 LECの情報はこちらから
税理士講座【資格の大原】
資格の大原 資格の大原の情報はこちらから 
資格のことならダイエックス 
ダイエックスの情報はこちらから
自宅学習ならニュートン!  
ニュートンの情報はこちらから 


その他の教育会社はこちらから




法律表記-相互リンクリンク集プロフィール