中小企業診断士の通信講座(通信教育)

■サイトタイトル■
HOME > メニュー15

■中小企業診断士■



中小企業診断士とは、経営コンサルタントとして国に認められた唯一の国家資格で、いわゆる「日本版MBA」という位置づけといえます。

3段階ある試験は決して易しいとはいえませんが、資格取得までに得られる知識や能力がビジネススキルとして即戦力に繋がることから、最近特に注目されている資格です。また、ビジネスシーンですでに活躍している人はもちろん、若いビジネスパーソンや就職活動を控えた学生にとっても、これからの長いビジネスライフを考えたときに、ぜひ取得しておきたい資格といえます。

資格概要

中小企業診断士とは、経営コンサルタントとして国に認められた唯一の国家資格で、いわゆる「日本版MBA」という位置づけといえます。経営コンサルタントは、企業の依頼を受けて企業の経営状態について診断を行い、経営者に診断結果の報告やアドバイスを行います。人間に例えると健康診断を行い、診断の結果を患者さんに報告し、経営不振などの病にかかっている企業に対しては治療方法を提案するといった役割を果たします。

コンサルとは企業経営の問題解決コンサルタントとは、あるモノゴトに関する相談相手となり、アドバイスや提案を行うことで、報酬をもらう職業です。一言でコンサルタントと言っても、経営、人材、キャリア、情報システム、金融、建設、医療、不動産など様々なコンサルタントが存在します。その中で、一般的なコンサルタントとして認知されているのが、経営コンサルタントです。

中堅・中小企業にとっての相談相手としては、公認会計士や税理士などが多いようです。ただし、それは企業の財務会計に関する専門的な技術やアドバイスの延長線上で経営に関してもアドバイスをしている場合が多いからです。

しかしながら、企業をとりまく環境変化がますます激しくなり、企業の抱える問題は必ずしもカネに関するものとは限りません。企業のマネジメントの対象となるのは、カネ以外にヒト・モノ・情報といった経営資源があるからです。経営コンサルタントには、それぞれに対応したスキルが必要となってきているのです。

ヒトに関しては人的資源管理、モノに関してはマーケティング・生産管理・品質管理など、情報に関しては経営情報システムや情報技術などに関する専門知識が必要とされます。企業の進むべき方向性や経営資源全般に関するマネジメントとしては、経営戦略論や経営組織論などの専門知識が必要です。

このように現在の企業経営においては、その問題解決のために必要な知識は多岐にわたります。これらの幅広い専門知識に関する素養をベースに、経営者の良き相談相手となったり、問題解決方法の提案を行うのが経営コンサルタントなのです。経営コンサルタントとしての中小企業診断士は、公認会計士や税理士と大きく異なるのです。

経営コンサルタントが扱う仕事や活躍する場面は非常に幅が広いといえます。企業の大型投資に関する意思決定、組織設計(デザイン)、ビジョンやミッションといったCI(コーポレートアイデンティティ)からリストラクチャリング(事業の再構築)といった全社戦略に関する意思決定、新規事業の立ち上げや新市場への進出、コストカッティングなど企業の財務構造の変革、営業戦略の策定・実行、IT戦略の策定・実行、海外市場への進出など海外事業戦略の策定・実行等々…。こういった内容に関する相談や依頼に対して、問題の本質を見抜き、適切なソリューション(問題解決方法)を提示するのが経営コンサルタントの仕事なのです。


資料請求はすべて無料!!

 クレアール診断士アカデミー
 クレアールの情報はこちらから 
LEC 中小企業診断士
LECの情報はこちらから
中小企業診断士講座【資格の大原】 
資格の大原 資格の大原の情報はこちらから
資格のことならダイエックス 
 ダイエックスの情報はこちらから


その他の教育会社はこちらから




法律表記-相互リンクリンク集プロフィール