介護福祉士の試験日程

■サイトタイトル■
HOME > メニュー147

■介護福祉士の試験日程■

試験概要 介護福祉士の国家試験を受験できる地域(都道府県)には限りがあります。1次試験(筆記試験)が実施されているのは全国23ヶ所で、2次試験(実技試験)にいたっては全国12箇所のみでしか実施されていません。1次試験(筆記試験)に合格した人には2次試験(実技試験)の会場についての案内が記載された通知ハガキが届くようになっており、介護福祉士国家試験の受験者はその指示に従って2次試験(実技試験)に挑むことになります。
受験資格  1.特別養護老人ホームや身体障害者療護施設の介護職員、市区町村等の居宅介護等事業の訪問介護員(ホームヘルパー)、民間事業者による在宅介護サービスおよび在宅入浴サービスに従事する介護職員、療養病床・介護力強化病床の病棟の看護補助者(看護助手)などで、介護等の業務に3年以上(在職期間が3年以上、実働日数が540日以上)従事(就労)した者
2.福祉系の高等学校または中等教育学校(専攻科を含む)において、福祉に問する所定の教利・目および単位を修めて卒業した者
試験日程  筆記試験---1月下旬の日曜日
実技試験---3月上旬の日曜日
試験科目・内容  【筆記試験】
(1)社会福祉概論(2)老人福祉論(3)障害者福祉論(4)リハビリテーション論(5)社会福祉援助技術(演習を含む)(6)レクリエーション活動援助法(7)老人・障害者の心理(8)家政学概論(9)医学一般(10)精神保健(11)介護概論(12)介護技術(13)形態別介護技術
【実技試験】
介護等に関する専門的技能について*第18回試験から実技試験は介護技術講習を修了すると申請により免除されます。
合格発表  合格者の発表(3月末)





法律表記-相互リンクリンク集プロフィール