社会福祉士の試験日程

■サイトタイトル■
HOME > メニュー146

■社会福祉士の試験日程■

試験概要 「社会福祉士国家試験」と呼ばれる試験は、厚生大臣が指定した試験機関となる(財)社会福祉振興・試験センターによって1年間に1回、1月の下旬に実施されています。
受験資格  (1)福祉系大学(4年)等で指定科目を修めて卒業した者
(2)福祉系短大(2年または3年)等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上または1年以上相談援助の業務に従事した者
(3)一般大学(4年)等を卒業後、社会福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業した者
(4)児童福祉司、身体障害者福祉司、査察指導員、知的障害者福祉司、老人福祉指導主事であった期間が5年以上ある者 など
*(4)の5つの職種は、都道府県などの各相談機関または福祉事務所に配属される職員(公務員)です。
*指定施設とは、次ページの職場・職種欄に挙げているものなど、厚生労働省がその範囲を定めています。
*指定科目とは、(1)社会福祉原論、(2)老人福祉論、(3)障害者福祉論、(4)児童福祉論、(5)社会保障論・公的扶助論・地域福祉論のうち1科目、(6)社会福祉援助技術論、(7)社会福祉援助技術演習、(8)社会福祉援助技術現場実習、(9)社会福祉援助技術現場実習指導、(10)心理学・社会学・法学のうち1科目、(11)医学一般、(12)介護概論です
試験日程  1月下旬の日曜日
試験科目・内容  社会福祉士として必要な知識・技能について筆記試験が行われます。
(1)社会福祉原論  (2)社会保障論  (3)公的扶助論  (4)地域福祉論  (5)心理学  (6)社会学  (7)法学  (8)医学一般  (9)老人福祉論  (10)障害者福祉論  (11)児童福祉論  (12)社会福祉援助技術  (13)介護概論
合格発表  3月下旬





法律表記-相互リンクリンク集プロフィール