宅建の通信講座(通信教育)

■サイトタイトル■
HOME > メニュー11

■宅建■


受験しやすい試験形式
宅建試験は、4つの選択肢の中から1つの正解肢を選ぶ 「四肢択一」形式で、50問出題されます。記述式(文章を書く) ではないため、比較的受験しやすいものとなっています。

誰でも受験できる
学歴等の受験資格がないため、どなたでも受験することができます。実際に'05本試験では、最高齢90歳、最年少14歳の方が合格されています。

短期間での合格も可能
宅建試験で出題される分野はほぼ決まっているため、その出題される分野を徹底的に学習すれば、学歴や年齢などとは関係なく短期間で合格することも可能です。


就職・転職の武器になる
不動産取引などに関する法的知識は多くの業種で必要とされています。宅建の知識は様々な場面で活用できることから、就職・転職の武器としてアピールするには最適の資格といえるでしょう。

日常生活でも安心
宅建の知識は自分自身のアパートの貸し借りやマイホーム獲得などでも強力な力を発揮します。例えば、「市街地調整区域」についてご存知でしょうか?これはいわば建物を建てられない土地のことです。新聞のチラシなどで郊外の格安の土地の販売が載っていることがありますが、市街化調整区域の土地であることが多いのです。こういった知識は宅建を学習していくうえで身に付くため、未然にトラブルを防ぐことができます。

他資格へのステップアップ
不動産鑑定士、司法書士、ファイナンシャルプランナー、土地家屋調査士、行政書士、マンション管理士等、これらの資格の試験科目は宅建試験と一部重なっていますので、宅建で勉強した知識を活かすことができます。

資料請求はすべて無料!!

LEC 宅地建物取引主任者
LEC宅建通信講座 LECの情報はこちらから 
宅建ならZ会 
Z会の情報はこちらから
クレアール宅建アカデミー 
 クレアールの情報はこちらから
資格と就職の学校 大栄総合教育システム 
資格学校 大栄総合教育システムの情報はこちらから 
資格のことならダイエックス
ダイエックスの情報はこちらから 
自宅学習ならニュートン!
  ニュートンの情報はこちらから 
 
 東京法経学院の情報はこちらから


その他の教育会社はこちらから




法律表記-相互リンクリンク集プロフィール